オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

オールインワンジェルのデメリットが気になるという方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

初めてオールインワンジェルを使用される場合、
お肌に良いの?浸透するの?デメリットは?など疑問点がたくさん出てきます。

 

 

そんなオールインワンジェルのデメリットについて解説させて頂きます。

 

オールインワンジェルデメリット4つ!解決方法も考えてみました!

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

オールインワンジェルはこれ1つでスキンケアを行える、
とても使いやすいアイテムです。

 

 

オールインワンジェルは子育てやお仕事などで忙しい方や、
日頃スキンケアをさぼってそろそろ何か始めたいという方にぴったりです。

 

 

そんな時に気になるはオールインワンジェルのデメリットです。

 

 

私が実際に40種類以上を使ってみて、
わかったオールインワンジェルのデメリットは大きく分けて4つあります。

 

オールインワンジェルデメリット

  • ひとつひとつのスキンケアの効果は弱め
  • お肌の調子に合わせにくい
  • お肌トラブルに特化していない
  • ポロポロ・モロモロやべたつきなど使用感が合わない

 

それではオールインワンジェルのデメリットについて解説させて頂きます。

 

オールインワンジェルデメリット|ひとつひとつの効果が弱い

 

オールインワンジェルのデメリットは1つ目はひとつひとつの効果が弱いという点です。

 

 

オールインワンジェルは基本的に化粧水・美容液・乳液・クリームの、
4つのスキンケアを1つで行う事ができます。

 

 

中には化粧下地やマッサージクリーム・パック・アイクリームといった、
機能まで対応している製品もあります。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

しかし、スキンケア単体ごとで比較してみると、
やはり別々に使用した方が実感や満足度が高くなります。

 

 

アンケートなどでは機能が物足りないといった、
オールインワンジェルのデメリット報告が良く見つかります。

 

 

特に化粧下地はよくオールインワンジェルの機能で見かけますが、
色味(お肌のトーン)を均一に整える効果がないなど機能的に劣ります。

 

 

ただ、保湿力に関しては製品ごとに大きな違いがあり、
中にはラインで使用した場合よりも水分量が充実している商品もあります。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

オールインワンジェルは製品選びで満足度が大きく変わってきます。

 

 

そのためオールインワンジェルは口コミレビューなどを参考に、
お肌にあった製品を探してみるのがおすすめです。

 

 

オールインワンジェルはやはり1つに機能をまとめているので、
個別で使用するよりも70〜80%程度の満足度だと覚えておいてくださいね。

 

オールインワンジェルデメリット|お肌の調子に合わせずらい

 

オールインワンジェルのデメリットのふたつ目は、
お肌の調子に合わせずらいという点です。

 

 

お肌の調子は毎日少しずつ変わりますが、
特に季節の影響を受けやすいです。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

夏場などでは湿度も高いので保湿はそれほど気になりませんが、
乾燥しやすい季節では使っているオールインワンジェルが合わない事があります。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。
※水分量/油分量・3時間後の測定結果です。

 

 

個別でスキンケアを行っている場合は化粧水や美容液の量を多めに調節したり、
乳液やクリームを少な目にしたりといった使い方ができます。

 

 

オールインワンジェルの場合は使用するお肌の状況に合わせて、
2種類ほど使い分けるのが良い方法となります。

 

オールインワンジェルデメリット|お肌トラブルに特化していない

 

オールインワンジェルのデメリットの3つ目は、
お肌トラブルに特化していないという点です。

 

 

オールインワンジェルは保湿タイプ以外では、
美白タイプが主に薬局などの売り場に並んでいます。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

ただ、ニキビや赤み肌などお肌トラブルに特化した製品について調べてみると、
その製品の数はとても少なくなってしまいます。

 

 

お肌トラブルは個人差が大きいのでオールインワンジェルでケアする場合、
ニキビ・荒れ肌にはこの成分など多少の知識が必要になってきます。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

特にニキビケアに関しては特化したオールインワンジェルが少なく、
成分から選ぶために満足度が低くなる傾向があります。

 

 

ちなみに荒れ肌・ニキビに関してはグリチルリチン酸ジカリウムや、
グリチルレチン酸といった抗炎症成分配合のオールインワンジェルがおすすめです。

 

オールインワンジェルデメリット|製品によってポロポロ・モロモロが出る

 

オールインワンジェルのデメリットの4つ目が使用感です。

 

 

オールインワンジェルはポロポロ・モロモロといった、
なじませた後にカスが出てしまう製品があります。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

これは保湿クリームなどでもありますが、
オールインワンジェルのデメリットとして報告される事がよくあります。

 

 

またオールインワンジェルのべたっとした使用感も、
気になる方が多くいらっしゃいます。

 

 

中にはべたつきが少ないといったPRがついている製品もありますが、
試した製品のほとんどは馴染ませた直後にべたつきがありました。

 

 

べたつきが気になる方はミストタイプやジュレタイプ・ローションタイプなどの、
オールインワン化粧品が使いやすいと思います。

 

 

ただ、さっぱりした使用感のオールインワンジェルは、
保湿力が物足りない製品も多いので注意が必要です。

 

オールインワンジェルメリットは利便性!節約できるのも嬉しい!

 

 

続いてオールインワンジェルのメリットもご紹介させて頂きます。

 

 

実際にオールインワンジェルをたくさん使ってみて、
わかったメリットは4つあります。

 

オールインワンジェルメリット

  • 時短スキンケアができる。
  • スキンケア代金が節約できる。
  • お肌への負担が少ない
  • 出先などでも荷物にならない

 

それではオールインワンジェルのメリットに解説させて頂きます。

 

オールインワンジェルメリット|時短スキンケアができる!

 

 

オールインワンジェルのメリットのひとつ目は、
時短スキンケアができる事です。

 

 

オールインワンジェルを検討されているのは、
やはり時間に余裕のない方が多くいらっしゃいます。

 

 

そういった方にオールインワンジェルは強い味方になってくれます。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

子供をお風呂に入れた後などたった5分でスキンケアができるのは、
やはり大きなメリットです。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

その他にもスキンケアにあまりこだわりがない男性などの、
基礎スキンケアとしても使いやすいです。

 

 

スキンケアが習慣になっていない男性などでも、
1つで基礎スキンケアが行えるので続けやすいと思います。

 

 

また個人的には急な呼び出しや外出などで化粧下地として利用すると、
さっとメイクが行える点も気に入っています。

 

オールインワンジェルメリット|スキンケア代金が節約できる!

 

オールインワンジェルのメリットのふたつ目が、
スキンケア代金が節約できる事です。

 

 

オールインワンジェルは2000円台の製品が1番多く、
個別でスキンケアを揃えるよりもお金がかかりません。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

一般的に1ヶ月のスキンケア代金は3000円程度だと言われています。

 

 

しかしオールインワンジェルなら2000円、
中には1000円台でも品質の良い製品が多くあります。

 

 

また大手スキンケアブランドでもラインで揃えると2万近くかかりますが、
オールインワンなら5000円程度という場合もよく見かけます。

 

 

1ヶ月1000円の節約でも年間なら1万2000円となるので、
意外と大きい節約なってきます。

 

オールインワンジェルメリット|お肌への負担が少ない!

 

オールインワンジェルのメリットの3つ目は、
お肌への負担が少ない事です。

 

 

スキンケアをラインで使用するとお肌に塗布するたびに、
摩擦や刺激を与えてしまいます。

 

 

これらの刺激はお肌ダメージになると言われています。

 

 

お肌の刺激はメラニンの生成を促す場合もあるので、
1回でスキンケアが完了できる事はオールインワンジェルのメリットです。

 

オールインワンジェルメリット|出先などでも荷物にならない!

 

オールインワンジェルのメリットの4つ目は、
旅行やジムなど出先で荷物にならない事です。

 

 

特に家族旅行などでスキンケアをラインで持ち込むと、
大きなスペースとなってしまいます。

 

 

しかし、オールインワンジェルはボトルやジャーひとつとなるので、
荷物にならないのでとても助かります。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

私としても化粧水を入れ忘れた!なんて心配が、
まったく無くなったので旅行では手放せなくなりました。

 

 

最近ではジムでシャワーを浴びた後に、
オールインワンジェルを使用される方も良く見かけます。

 

オールインワンジェルのシリコン成分は良くない?お肌に悪いの?

 

 

オールインワンジェルのシリコン成分について解説させて頂きます。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

オールインワンジェルにはジメチコンやクロスポリマーといった、
シリコン成分が良く配合されています。

 

シリコン成分表記例

  • クロスポリマー・メチコン・ジメチコン・シクロメチコン・シロキサン

 

シリコン成分はテクスチャーの伸びやお肌に膜を作る特性があり、
お肌への密着やハリをサポートする働きが期待できます。

 

 

ただ、シリコン成分は膜を作る特性から美容成分が浸透しずらくなるといった、
お肌に良くない・悪いというイメージが出来ています。

 

 

しかし大手有名ブランドの保湿クリームやオールインワンジェルなどでも、
ほとんどの製品でシリコン成分は配合されています。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

つまり保湿クリームを使用する場合は、
シリコン成分は避ける事が難しいという事になります。

 

 

とはいえ、シリコン成分は50年近い実績があり安全性も確認されており、
資生堂の公式サイトでも無害であると記載されています。

 

 

オールインワンジェルのシリコン成分はお肌全体を覆うほどの配合量がないため、
毛穴詰まりや美容成分の浸透を妨げる事もありません。

 

 

何より保湿クリームを使用しないと化粧水や美容液で与えた、
水分や美容成分がどんどんと蒸発してしまいます。

 

 

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

 

シリコン成分に関しては気にされる方もたくさんいらっしゃいますが、
個人的には気にし過ぎても仕方がないかなという印象です。

 

オールインワンジェルデメリットのまとめ!

オールインワンジェルデメリット|良くない・肌に悪い?お肌にいいのかメリットも調べてみました。

 

オールインワンジェルのデメリットについて解説させて頂きました。

 

 

オールインワンジェルのデメリットやメリットについて、
まとめてみると以下の4点となります。

 

  • 個別スキンケアと比較して効果が弱い
  • お肌の状態に合わせて使用できない
  • お肌トラブルに合った製品が少ない
  • 使用感に不満が出る場合がある

 

オールインワンジェルはデメリットも不安になってしまいますが、
正しい製品選びで全てではありませんがカバーする事ができます。

 

 

また、オールインワンジェルはメリットもたくさんあり、
特に節約面や利便性が嬉しいポイントとなっています。

 

 

オールインワンジェルのデメリットが不安だという方は、
生活習慣やお肌に合った満足できる製品選びを行ってくださいね。